salonazの日記

高槻SALON.AtoZ.のブログ

ただ座ってるだけではもったいない!バランスボールの選び方と活用法

自粛期間の中、家トレをしようと何かツールを買われた方も多いのではないでしょうか?

家トレの定番アイテムとも言えるバランスボール🎾


【バランスボールって?】

人が乗れるサイズのビニール製のボールを指します。「エクササイズボール」「体操ボール」「ギムニクボール」など名称は様々ですが、「バランスボール」という呼び名がメジャーです。


1960年代にスイスの理学療法士が、神経系に障害のある子ども達の治療用具として使用したのが始まりとされています。

その後もリハビリやスポーツ選手のトレーニングに取り入れられ、フィットネスクラブや一般の家庭にも普及していきました。


『日本人Gボール協会』ホームページ参照


【バランスボールのサイズと選び方】

座ったときに骨盤(腰)が膝より高くなるくらい、足の裏がつくくらいの高さになるようにすると良いです。

なぜなら、座って使う場合、腰が低くくなると骨盤が後傾しやすく正しい姿勢をとれないからです。

f:id:salonaz:20200601222959j:plain

直径55cmのバランスボール。

(この高さにするのにかなり空気入れました💦)


身長とボールサイズの目安です↓

150cm以下 30/45〜55cm

150〜175cm 55〜65cm

170〜185cm 55〜75cm

180cm以上 65〜75cm

パーソナルトレーナーズバイブル』参照


バランスボールのサイズは大きいサイズほど安定感が得られるので、バランスがとりやすい、初めて使う方にはぴったりと言えます。

小さくなればなるほど、コントロールが難しくなります。

ご自身の身長、目的に合わせて選びましょう。


【バランスボールの効果とメリット】

①コアが働きやすくなる

コアの筋肉は、体が不安定な環境に置かれると反射的に働くという性質があります。

ここでいうコアの筋肉とは、骨盤底筋群、腹横筋、多裂筋、横隔膜といった姿勢の安定に関わる筋です。

バランスボールに座って、骨盤底の動きや肋骨、横隔膜の動きを感じてみましょう。

また、バランスボールでバウンドすることで、脊柱の自然なアライメントを作りやすくなります。


②上半身、下半身に負荷を与えることができる

以下はバランスボールを使ったエクササイズの一部です。

ベーシックなエクササイズも一味違う感覚で行えます。

f:id:salonaz:20200602175004j:plain


f:id:salonaz:20200602175029j:plain 


f:id:salonaz:20200602175049j:plain


身体の向きを変えることで、負荷を多面的に与えられます。


③身体の歪みに気づきやすい。

バランスボールに座ってみると、意外と自分の姿勢が真っ直ぐでないことが分かります。

気づくことで修正もしやすくなるんです。


④アスリートから一般の運動愛好家の方など、年齢性別問わず楽しくエクササイズできる。


いかがでしたか?

もしご自宅に眠っているバランスボールがあれば、ぜひ活用してみてください♪


SALON.AtoZ.では感染対策を行った上で通常営業しております。

体験、お問い合わせはHPの体験フォームより受け付けております。

https://www.salonaz.jp/